読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

吟芭√完走した

どうも。

今日はアプリあなカレ内にて提供されている18禁BLゲーム、チギリバコについて。

 

声カレがサービス終了したショックで何かないかなと思って探してたときに出会ったゲームで、私が始めたのはたしか今年の1月末?2月末だったかも。そのへん。

絵が好みだなーと思って、今でも毎日5話ずつ進めてます。

氷上のビジュアルと設定(銀髪ロン毛上司兼教師)が最高すぎて、初見では氷上推しになるかな~となんとなく思いつつ吟芭(年下金髪不良)√から始めて。

 

2日で主人公都月蒼本命になりました(^▽^)へっへ・・・

 

 

名前、トヅキソウって読むんですが、都月蒼の親友の朔守暁(金髪チャラ男)が蒼ちゃんって呼んでるのに対抗して、私はいつもあおちゃんって呼んでます。笑

あおちゃん可愛いんだよほんと・・・・・・なによりもかわいい・・・・・・・・さいこう・・・・・・・・・

 

ちなみにゲーム開始3日目にはビジュアルブック購入してました。

そのくらいめっちゃやばくて、もう好きすぎて爆発する。あおちゃんかわいいよう……

 

 

 

チギリバコは、ストーリーの流れ的には主人公である警守局捜査課のあおちゃんとその他もろもろの攻略対象共と一緒に事件を解決してくっていう感じなんですけど

日常侵食ホラーゲームと銘打たれていて、まあまあホラー要素がそこかしこにぶちこまれてます。

ホラーがメインというわけではない……いやメインなのか?wメインはBL要素のはず……なので、そこまで怖いわけではないです。設定でグロ演出オフに出来るし。まあそれでも吟芭√の最初の方の霊はちょっと嫌だったけどww

私はストーリーが読みたいだけなので演出はオフにしてました。一昨日あたりにオンにするとどんな感じなのか気になってなんとなくオンしてみたけど。

 

 

 

 

攻略対象キャラは吟芭、朔守、氷上の三人。

 

吟芭ノマエン→氷上ノマエン→吟芭ノマエン→氷上ノマエン→吟芭ハピエン→氷上ハピエン→吟芭ダカエン

って感じで、昨日やっっっっっっと吟芭√完走しました。ハッピーエンドからノーマルエンドからダーカーエンドからバッドエンドまで。

バッドエンドは事件の犯人側の話(…だと思う)なので、あおちゃん本命あおちゃん大好きマンとしては苛々する未来しか見えないので買ってませんが。笑 いつでも買える状態にはしておいた。

 

 

 

 

いやーーーーー、吟芭。吟芭ね。

以下吟芭√の感想。

 

 

 

 

ガチャは氷上ばっか買ってたりするんですけど、本編は吟芭√が好きです。

 

吟芭のこと、初見はただのブチギレ単細胞キャラだと思ってたんですけど、だんだんただのデレデレ野郎になってってそれが面白くてwww

本編中盤からは、あおちゃん大好きかよおまえ~~~~~~~渡さねえぞ~~~~~~~~~~ってずっと思ってました。

 

 

エンド分岐三種、ハッピーノーマルダーカーではノーマルが一番好きです。

 

 

いやほんとやってみたらわかるんですけど、ノマエンはほんとにノーマルのくせにこいつバッドなんじゃねーのかって感じのエンドで、それがすごい好きです。

あおちゃん本命私が必ず幸せにすると思ってるマンの私は悲しすぎて遣る瀬無くて号泣でした。まじで。あれはバッドエンドです。(断言)

もうほんと、初めてノマエン読み終わったとき、だから私は箱なんぞどっかにぶん投げてあおちゃんを誰もいないどこか遠くにさらいたかったんだって思った。

 

そんなノマエン、私がチギリバコの中で今のところ一番好きなセリフがありまして。セリフっていうかあおちゃんが心の中で考えてることだけど。

怖くて、苦しくて、悲しくてーーもうどうしようもなかった。

・・・てところ。バレなので白字にしときました。(運営さん結構バレに厳しいぽいから見つかったらやめろって言われそう)

あの一文がめちゃめちゃ最高に鬱々しくて大好きです。あの一文だけで私は泣ける。ははは・・・・・・かなしい・・・・・・・・・・・・・・・

 

清廉潔白潔癖クソ真面目生徒会長のあおちゃんは、学校に行けなくなることも、氷上に憧れてたのに捜査どころか外に出ていくことも出来なくなることが、とても苦しいと思います。外に出て行かなくても苦しくて、吟芭に守られてることはわかってるけど怖くて、震えて、終わりのない恐怖に怯える。恨まれていたことも、何も知らなかったことも知らず、何も気付けなった。誰も救えなかった。

もちろんあおちゃんは霊障をおそろしいと感じているけれど、何も出来ない現状も嫌で、けれどもう手立ては無くて、もどかしくて、つらい。つらいことがつらい。

真面目なあおちゃんにとってノマエン後の生活は本当に生き地獄というか、そんな感じなんだろうなと思います。でもきっと、あおちゃんは真面目だから死にたいとは言わないんだろうな……犯人のこれまでの苦しみのことも頭のどこかで考えてるだろうし。

ただ霊障に苦しいだけじゃなくて、真面目なあおちゃんだからこそ現状に嘆いてると思うんですよ。けど恐怖から何も出来なくて、吟芭を道連れにしてしまったことをきっと悔いてる。でも苦しくて、怖くて、解放したいのに解放できない。葛藤で溢れてて・・・

 

後悔と、これからの未来への絶望と、恐怖に塗りつぶされてるあおちゃんがかわいそうでつらくてほんと見てられないけどそんな可哀想なところがとってもかわいい、好き

 

吟芭はノマエン後はどうするつもりなんですかね。や、ふつうに考えて吟芭じゃどうにもならねーだろと思うけど。

そのうち疲れたあおちゃんと一緒に死にそう……まあ吟芭の責任感がどこまで続くかですね。

 

あと、氷上と朔守はどう思ってるんだろう。

氷上√だと、氷上√が全部のネタバレだから(笑)朔守の話とか吟芭の話とかいろいろでてくるけど、吟芭√だと吟芭以外の話出てこないんだよねー。だから朔守氷上とあおちゃんの関係がどうなってるのかがよくわからん。

 

ノマエンの後を考えるのをやめられない。が、考えれば考えるほどつらい……

でも私は考察の余地が与えられてる方が好きなので、そんなつらくて苦しいノマエンが大好きです。w

 

 

 

ハピエンはなんとも言えない気持ちになるんだよな……あおちゃんが幸せなのはまあ結構なんだけど、あおちゃん大好きすぎる私は乾いた笑いしか出てこないというかww

てめーあおちゃんすっげー嫌ってたくせにその変わり身はなんなんだアアアア?????って気持ちにすごいなるんですよね。

でもあおちゃんが幸せそうだからすっごい複雑な気分というか、私は失恋か??????????冗談だろ???????????って感じ。

あとなんか都合よすぎというか……ノマエンもなんだけど、犯人と対峙するシーン、吟芭はどうやって脱出したんだって思った。

 

 

 

ダカエンは、まあダーカーですからまあ………一番暗かったっていうかエグかったですけど。でも一番辻褄あってるかなと思いました。

吟芭の最後のセリフ、めっっっっちゃ心に刺さった。

私いくらあおちゃん本命っつっても吟芭のことが嫌いなわけじゃないので、すごい苦しかった………吟芭マジ………………どんな思いで、どんな顔であのセリフ吐いたんだろうと思ったらつらくて。そしてそれを聞いた(聞こえてるかももはやわからないけど)あおちゃんはどう思ったのかなと。

怖い、悲しい、つらい、苦しいって全身で叫んでるような二人見てるのほんとつらかった………こんなはずじゃなかったのに感がすごい。

でもそこがいい。

あと、最後のセリフについてはこのストーリーっていうか作品をうまくまとめたなって思った。これぞホラーゲーの最終話って感じの終わり方。(ホラーゲーやったことないけど)さすがメイン√って思ったわ。

ああこれで全部終わったんだなと思った。

ダカエン、良かった・・・・・・・・

 

 

 

 

 

そんなわけで、ノマエン>ダカエン>ハピエンの順で好きです。

後味の悪さもこの順だと思うんですけど、どうでしょう。笑

 

 

 

 

いやーーーー、ね。吟芭はノマエン好きなんだけど……氷上の話は氷上完走してからまたしたいんだけど私は氷上ノマエンが一番許せないと思ってるんですよ。

理由は氷上記事で言うつもりだけど、包み隠さず全部吐き出すと鬱憤が貯まりすぎてただの氷上dis記事になっちゃうのでそのへんは気を付けます。笑

あおちゃんさえいなければ氷上が一番好きだったんだけどね!!ビジュアルと設定とガチャストとイベストは最高だし!!!!でも!!!!!本編!!!!!!!絶許

 

吟芭ダカエンやってみて、じゃあ氷上のダカエンはどうなるのかなと気になりました。

 

次は氷上ダカエン目指すかな……朔守やってもいいんだけど、どうしよ。

まあ1周1ヶ月はかかるので、のんびりやっていきます。

 

 

 

 

ところで今のイベント、吟芭と朔守が仲良くて楽しくて好きです。

イベント終わったらイベントの感想も時間があったら書きます。

まだ話進めるチケット買ってないけど完走するなら買わなきゃなー

 

 

おわり!

 

渡部悟√本編感想

さっき由井√、夏目√読み終わったので、これで全員本編終わりました。

ほんとは全員読み終わったぜ記事書こうと思ったんですけど、まあそれは全員分の感想記事書いてからでもいいかなと思って、今回は渡部√の話。

本編は√別選択購入制なだけあって話そのものを買ってるからいつでも読めるっちゃ読めるけど、まだ読んだばっかなのに1から読み直すのはだるいし気になった点とか衝撃とかさっさと書かないと忘れるからね……さっさと書かないとね………。

まあ、そのために読みながらツイッターで呻き声あげながら読んでるんですけど。

フォロワーさんで乙女ゲームやりまくってるのが私くらいというか、いややってる人は他にもいるんですけどうるさいのが私だけというか。

自分でもうるせーなと思うからツイートする度にちょいちょい消してるんですけど、渡部√やった直後のものでまだ消してないツイートがあったので記しておきます。

 

 

やばい、渡部√買ったらまじやばい、あいつやばい 4:22 - 2016年7月1日

 

やるときはやるけどやらないときはめっちゃてきとーで昔会った人がずっと好きだけどもう会えないと思ってたのにたまたま再会してでもどうもせずその人の好きな人を応援しちゃうのめっちゃやばい 4:25 - 2016年7月1日

 

相手の幸せのために自分がつらくてもそう見せずに笑いながら相手の幸せの手助けをする人ってめちゃくちゃやばいんだけどどいつもこいつも!!!!!渡部悟てめーだよ!!!!!月城冬馬もだよわかってんのか!!!!!!!!! 5:22 - 2016年7月1日

 

 

すっっっっごい文句しか言ってないしまた月城冬馬の話かって感じなんですけど、やった直後の感想はこんなもんでした。w

 

いやー、渡部悟。

良かったよ。

 

渡部悟やった直後は関大輔よりやべーって思ったし。今でこそ全員分のストーリー読んでっから今考えるとまた違うんだけど。

 

いや~~~~なんというか、渡部悟は、運命っすね。作中でも泉玲(主人公)が言ってたけど、運命だわ。

ツイート内容の通り、渡部悟は好きな人を応援する人………なんだけど、ちょっと一癖あるというか。さすが大人っつーか、応援してはいるけど翻弄してくるよね。手のひらで転がされてる感ある。

でも、ちゃんと応援っつーか協力っつーか、泉に最後まで付き合ってくれるし、背中を押してくれるし、良い人だよね。

 

まあでもなんつーか、王道だなって思った。

さすが乙女ゲーム!って感じ。(笑)

運命系って、ゲームのメインであり看板キャラか、それか脇の脇の超脇だけど超重要ななんかよくいるお助け系で人気ある脇役キャラがそういうの担うじゃないですか。渡部悟はそれですね。後者。

まあ、渡部みたいなシチュ、恋敵が現れて主人公がそいつを好きだと思ってその手助けするみたいなやつだと脇役人気キャラ向きだよね。だからまあ、構造としてのキャラの立ち位置的にはお似合いのシチュエーションというか。

 

渡部は、年上なだけあって優しいし全部察してくれそうなところが魅力ですね。先回りして泉を喜ばせてくれるだろうし、泉の嫌がることは絶対にしない。けど、渡部のしたいことはうまーくのらりくらりとやってのけてしまうような、なんか万能な感じ。

 

ゆるゆるタイプのみせかけてやることはきっちりやるし、オンオフの切り替えが激しくて、おふざけタイプに見せかけてその地位に相応しい真面目さ、仕事の出来。

THE・年上包容力!!!!!

 

基本的に年上キャラは好きだし、運命系もベタだけどやっぱり好きです。

展開読めまくりだけどね。ははは……

 

 

 

ストーリーで気になったことは……なんかあったかな………もう忘れかけてるんであれなんですけど。

強いていうなら、渡部√は恋愛色強かったなっていうか。

泉が…………なんだっけ、名前忘れた。アンリ。そうアンリ。

泉が勘違いしてそのアンリが好きみたいな流れがあって、泉はアンリと結ばれたくて泉が努力するんですよ。で、恋愛経験値10億(泉談)の渡部に相談して、そっからなんやかんやあるわけですけど。

そのなんやかんやがあっていろいろ乗り越えて渡部とハッピーエンド、もしくはノーマルエンドに向かっていくわけだから、言ってしまえば結ばれるまでがめちゃくちゃ遠回りなんですよ。まあそれが王道なんだけど。

でも13話に収めるにはさ、どうにもその泉がアンリ好き、アンリにアタックの仕方がわからん、渡部と練習、みたいな流れをこなさないといけないからどーーーーしても恋愛部分が強くなって仕事の話が少なくなるというか。

いや、なんつーか、ぶっちゃけ渡部√覚えてねーもん私。渡部と泉の出会いとかラストのやり取りとかはまあ覚えてるけど、それこそアンリの名前がぱっと出てこない。

各√ごとに1個事件解決するじゃないですか。あー…夏目√はちょっと違ったけど。渡部√ってなんか事件あったっけ??????って感じ。

いやほんとあったっけ?んまあ、渡部は他の皆と違ってマトリじゃなくて外交官なので、無くても不思議じゃないけど。

・・・・・・ほんと覚えてない。渡部やべーなって確かに思ったはずなんだけどな。

でもなんかはあるはず。私は覚えてないけど。でも覚えてないってことはそう大した事件でもないはず。多分。

 

まあ、恋愛色が強かったのは確かです。

 

 

乙女ゲームなんで恋愛色が濃くて結構なんですけど、泉は前線にいるわけじゃないですか。新人だけど。

黙って守られてる子なわけでもないし。

私としては泉に活躍してほしいので、なんかしら事件欲しい………んだけど、肝心の攻略対象が外交官だからなあ。恋愛色が強くなるのはしょうがないのかな。

ま、攻略対象6人中1人くらいはこういうのもいてもいいのか。うん。全√泉巻き込まれじゃ泉が可哀想だものね。・・・と、自分を納得させておく。

 

 

ハッピーエンドとノーマルエンドでは、ノーマルエンドのが好みでした。

ま、だいたいどの√もそうだけど。

渡部√のハピエンは特に、都合よすぎかなーって感じ。それが乙女ゲームって言われたらなんもいえないけど。

 

 

渡部√は渡部視点の番外がまだ配信されてないので、代わりにと言ってはんだけど、スタマイで気になってる赤髪が出てくるらしい番外を買って読みました。

私、付き合った後の話って基本的に興味無いので、感想という感想も特に無いんですけど。

文字だけさらっとでてきた銀髪は、スタマイの集合画像で赤髪の隣にいた銀髪のことかなとか、そんなことを考えたくらいかな。

最後に渡部と泉が寝てる描写がちょっとだけあったんですけど、私そういうの苦手なんだよなーと無表情で文だけぱっぱと読んで終わりました。なんつーか、生々しいっつーか、二次元は二次元らしくしてろっつーか……(笑)私の好みの問題なのでなんとも言えませんが、取り敢えず私はもう攻略対象キャラ視点の本編番外以外の番外は買わないかなって思いました。

 

 

 

 

てか、いま私のスマホのスクショデータ見たら渡部悟だけいないんだよね。

気にいったセリフとかあったらスクショしてたりするんだけど、渡部がどこにもいない……渡部√では一回もスクショしなかったんだね。

うーーーーーーん。渡部良かったと確かに思ったはずなんだけど、総合的には私の好みからは外れたかなって感じです。

設定とかは好きなんですけどね。

このゲーム自体が、化学に関することはちょいちょいいい加減だけど(ついでにたまに誤字もある)、泉をただ守るんじゃなくてマトリに置いて働かせて、新人ながら頑張って仕事してる主人公っていうのを強く出してるのに恋愛色が強かったのがちょっと、私には苦手でした。

恋愛脳なら恋愛脳でそれはそれで読めるんですけど、仕事なのか恋愛なのか中途半端だなって思いました。

渡部√の話を覚えてないのに言うのもなんなんだけど、渡部√の泉は無能すぎるかなと。いや話覚えてないからほんとはなんも言えないんだけど、なんかそんな無能イメージがめっちゃある。

 

主人公が好きになれないと私は話を読み進める気にはならないし、好きになれない主人公なら即ゲームごと切り捨ててるんですけど。√選択購入制だとそうもいかないしw

渡部の年上の余裕というか、優しさが良かったんですけど・・・・・・・泉がなあ・・・・・・・・・・・・

渡部単体、泉単体だと好きなんですけど、渡部×泉は・・・・・・・・・・いや全体的な泉と渡部の二人における人生展開(?)は好きなんだけど、13話というストーリーとしては・・・・・・・・・・・・・・・

 

うーーーーーん、まあ、あれです。

ストーリーの中に仕事面とか全然無くていいって人には渡部√おすすめです。

あと恋愛色強いのでもいいひと。

なんといっても運命系と年上包容力好きな人。は、渡部ですね。

 

 

 

 

 

渡部√感想は、とりあえずこんな感じ。

渡部けっこー好きだし、渡部√良かった!って思ったのを覚えてるから絶賛記事書こうと思ったのに書いてるうちに違くなってしまったwwwwこんなはずではwwwwww

 

次は青山√の話を書きたい。

そして私はそろそろ眠気の限界……

 

おわり!

 

今大路√やった結果

い、いま今大路峻√やったんだけど………………ねえ……………………

 

 

 

 

あいつ爆弾かよ……………………………………

 

 

 

 

 

無理、ほんまに無理。

 

 

 

 

 

 

関大輔、渡部悟、青山樹の順で読んで、読むたびにこいつやばすぎ無理とかツイッターで言ってたんですけど

次は今大路峻読むかーと思って読んだらクソ爆弾だったなんだあいつ無理………めっちゃ泣いた……………………

 

 

今大路峻√読むまえに、番外編、気付いてなかったんですけどなんかたくさんあることに気付いて、そんなかでも攻略対象キャラ視点の本編の話があることに気付いて読んでたわけですよ。

渡部悟は配信されてないみたいなんで、取り敢えず関大輔と青山樹を買って読んだ。

いやもう関大輔も青山樹も渡部悟もどうでもよくなるくらい泉玲に惚れこんだ。

 

もう、なんか、ヤバイ。玲ちゃん結婚しよう。

 

・・・・・と、まあ私としては恒例の「プレイ三日で主人公本命になる病」を発揮させたんですけど(笑)

語彙力無さ過ぎなのはまあおいといて。

 

主人公に惚れこむとさあ、ただ話を読みたくてやってるゲームが主人公を幸せにしてくれる男を選ぶゲームと化するわけですよ。

私が一番好きな女主人公、昔PSPでやったGlass Heart Princessの姫乃京子もそうだし、鏡の中のプリンセスの主人公もそう、男主人公であるチギリバコの都月蒼もそう。

京子は彼方√にがち号泣したから彼方×京子なら応援するって思ってるし、ミラプリは主人公、優奈って名前にしてるけど優奈はホーク√が幸せだって思ってるから断然ホーク×優奈推しだし、蒼ちゃんに関してはもうどいつもこいつも本編がアレすぎてわいが幸せにしたるわてめーら邪魔だどけ、みたいになってるんですけど。

ね。

まあそんなわけで、ドラッグ王子も「誰が泉玲を一番幸せにするか選手権」になりました。

 

ははは。

 

主人公好きになると、全√やらないわけにはいかなくなるんですよ。

だって好きな子の表情とかリアクションとか会話とか、なんかもう全部知りたいじゃん?

主人公推しなら全√、全選択肢を巡らないと!!

 

・・・・という、まあそんなわけで。

 

関大輔、渡部悟、青山樹でまあそこそこ満足しておこうと思った食指が、今大路峻に向いたわけです。

ははは・・・・・

 

 

ねえもう、ほんと、プレイした順に記事書きたかったし、5チケ制と違って一ヶ月もかからず一瞬で読み切ってるから忘れるんだよ。すぐ書かないと!

だから朝に書いた関大輔の話の次に書くのは渡部悟のつもりだった。そう、渡部悟。

それがどうした、今私がこうして衝動のままに日本語が成り立ってるのか成り立ってないのかようわからん文章を殴り書きしてるのは全部今大路峻のせいなんですよ。

 

 

今大路峻はなんだ?爆弾か?あいつやばすぎ。どうした?おまえは誰だ?

 

 

 

 

ストーリー感想はまあ、べつにネタバレとかそんなに気にして記事書こうと思ってるわけではないけど、今大路峻とかいう存在そのものがネタバレなのであんま詳しくは書きませんというか読んだばっかの衝撃そのまますぎて語彙力0だからなんも言えねーwww

なんか、もう、買ってさっさと読んでくれ。

 

そんくらいストーリーの流れは私好みでした。

まあ、親が出てくる直前のシーンでは私だったら生き別れエンドにするな~とは思ったけど、まあそんなことにはならず(笑)

そこは乙女ゲームなのでね、ドラッグ王子はノーマルエンドもハッピーエンドみたいなもんだし、円満に終わりましたね。

一条という人は一体なんなんだよとは最後まで思いました。

 

うん。良かった。

 

 

ただ、まあ、なんか、話数たりねーなとは思った。

今大路峻の葛藤がめちゃくちゃ泣けたし、良かったけど、後半はちょっと駆け足だったかなと。今大路と玲ちゃんの二人の前に一条とその他もろもろが出てくるあたりとか。

上からも下からも追手がきてるって状況で、上はまあドアをふさいだにしてもどうにかして掻い潜ってくるもんじゃねーか?と思ったり。

一条が出てきてからは一瞬だったけど、追手はどうなったんだと思った。

 

あと、今大路に会えなくなってから、玲ちゃんが通ってたこと。

今大路視点の番外編でちょっとだけ描かれてたけど、本編でもうちょっと玲ちゃん視点で描いてほしかったな。

なんかそのへんサラッと流されて、気付いたら解決してたから(笑)

アッソウデスカ・・・・って感じだった。

受付で追い返されて玲ちゃんがどういう顔してるとか、どういう想いで通ってたのかとか。そういうのがちょっと欲しかったな。

関大輔と今大路峻のことを話すシーンはいらんけど……関大輔と話すってことは仕事中だから仕事以外の話はしないでほしいしね。

 

送別会シーンは、みんな仲良しで見てて楽しかったな。

 

 

 

 

は~~~~~~今大路峻・・・・・・・

 

あいつやべーよ。マジ。

 

本編読んだときはまあ玲ちゃん視点だから、振り回されてる玲ちゃんが可愛くて可愛くて仕方なくて、でも今大路峻と言い合いしてるのは面白かったんですけど。

今大路峻視点がな・・・・・・・・・なんか、もう、今大路幸せになれよ感やばい。

どいつもこいつも不器用かよって感じだけど、今大路峻マジ・・・・・・・・・・

 

 

 

なんか、ドラッグ王子はどの√もやる度に「無理、やばい、無理」しか私は言ってないので、残り二人、由井夏目も由井無理とか夏目やばいとかしか言わない未来しか見えん………

 

由井√、夏目√やったらまた記事書きますね。

そのまえに渡部と青山の記事書いときたいけどw

衝動のままに今大路を先に書いてしまった・・・しかもやばい無理しか言ってないし。

 

今大路峻。

二重人格そうな顔してるなとは思ったけど、とんだ爆弾でした。

ははは………

ぜひとも、彼には幸せになってほしい。

 

 

おわり

 

関大輔√本編の話

昨日に引き続きドラッグ王子の話。本題。

ついさっきまで朝っぱらから青山樹√買って読んでたんでそっちの話もしたいんですけど、やった順に書かないと私が忘れそうなのでw今日は関大輔の話。

 

 

 

ドラッグ王子とマトリ姫、関大輔√本編。

ものっそい簡潔に言うと、良かったです。

 

(笑)

 

関大輔のスペックは身長180オーバーの33歳、課長。

権力に弱いマンは課長って時点でもう駄目ですね。

私の最愛キャラは175cmですけど、身長高いキャラ好きなんでオッケーです。

 

 

ストーリー的にはー……まあ。

堅い上司についていく主人公チャン。名前設定はデフォルトの泉玲のままなんで玲ちゃんなんですけど

一生懸命な玲ちゃんを育てながら、仕事後に隣同士の部屋のベランダでビールをあおりつつ、出社のときや帰宅の際にいろいろな話をしていく感じ。

上司だけど関大輔は俺様タイプではないので、玲ちゃんに気遣ってくれるしめちゃめちゃ優しいし。

だんだんと打ち解けていくのが良かったな。

 

話を進めていくごとに関大輔のこれまでの人生が明かされていくんですけど……

なんというか、関大輔は私の最愛の月城冬馬のような人でした。

いや、月城冬馬の過去とか知りませんけどね。なによりも知りたかったのに知る前に声カレちゃんはサービス終了したんで。月城冬馬の過去話が読みたいだけの人生でしたよ私は。

でもきっと月城冬馬は生まれながらの御曹司で、次期理事長だし、月城財閥の家のレールに乗る生き方をしているので、関大輔とはちょっと違うんですけど。

でもなんか、月城冬馬に似てるなと思いました。生き方が。

 

死に場所を探してるように見える、とかなんとかそんな感じの玲ちゃんのセリフが後半の方にあるんですけど

そのセリフを見て、ああ月城冬馬ってそうだなって思った。

 

死にたいわけじゃないんだけど、生きたいとも思ってない。もし捜査中に死んでしまうなら、それはそれで自分はそういう人生だったんだと、足掻かずに受け入れるんだろうなと。

関大輔はそういう人らしい。いや、もうマジ月城冬馬。私の中に存在する月城冬馬はまさにそういう人なので、ア~~~~~~~~わい関大輔好きになるに決まっとるやんけ~~~~~~~~~~~って思いました。

 

 

 

 

たとえば。たとえばですよ。こっからは妄想で二次創作の域ですけど。私の関大輔のイメージでしかないですけど。ちょっと私の趣味で死ネタなんで色薄くして書きます。

関大輔が敵側で玲ちゃんを殺さなきゃいけなくなったとき、関大輔は無感情で殺せると思うんです。で、玲ちゃんを思い出すとつらくなるのが自分でわかってるから思い出さないようにするけど、やっぱり思い出しちゃって、いつか他の誰か……玲ちゃんとは別の、玲ちゃんみたいな人が関大輔の前に現れて紆余曲折あって結婚したとしても、殺した玲ちゃんをずっと忘れられずに背負っていく人。昼間は普通にしてても、夜一人のときには思い出して一生苛まれる人。結婚してるなら結婚相手を愛しながら、でも幸せになってる自分が悲しくて。ずっと一人で自分を責めてる、けど誰にも悟らせない。

逆に玲ちゃんが敵側で関大輔を殺さなきゃいけなくなったとき、玲ちゃんは嫌がるし泣いて謝るけど、関大輔は笑って許す。なんもかんも全部受け入れる。これで良かったんだと。心残りは敵側である玲ちゃんを救えなかったことだとか、俺がいなくなってもあいつらは大丈夫だろうかとか、いろいろ考える。そして静かに笑って、薄れる意識の中で笑って、泣いてる玲ちゃんを宥めて。でもこんなのがきっと自分にはお似合いで、"もし別の立場で出逢えてたら"なんてことは考えない。『これで良かったんだ、きっと。ようやく二人のもとへいける。ようやく、終われる。けれど、もう玲に会えないと思うと……。……最後まで自分のことばかりだな。玲、泣かせてすまない。どうか俺のことは忘れて、幸せになってくれ』

 

くっっっっそ妄想なんですけど、関大輔はこんなイメージ。月城冬馬も一緒です。

 

 

 

ま、本編で玲ちゃんが関大輔を成長させるというか、過去のこともまとめて円満解決になるので関大輔は幸せ者だなと思います。

関、渡部、青山の三人を今のところクリアしてるんですけど、関大輔√の玲ちゃんが一番人間らしかったというか、関大輔と玲ちゃんが一緒に成長してる感じが良かったです。

 

 

 

はい。だからまあ、総評として。

 

関大輔は、良かった!!!

 

(笑)

 

 

 

 

 

ということで、こんなとこで関大輔√本編感想終わりー。

月城冬馬が出張ってるのは、私の最愛なので、許してください…

 

てか、ドラッグ王子って一日5チケ制のゲームじゃないんですよね。今更ですけど。

 

私、一日5チケ制のゲームを毎日こつこつやるのが好きというか、やっぱ√選択購入制って一気に読めるから一気に読みたいんですよね。一気に読み切る時間が無くてインターバルおくと、熱が冷めてまあいつでも読めるしいっか~ってなって一生読まなくなるので。だから時間が無い時に息抜きとしては出来ないから……うーん。

おかげでパッケージのゲームが積まる積まる。もう懲りてよほど主人公に惚れこまないかぎりパッケージのゲームは買ってません。

 

でもスタマイやるにあたってキャラのこと早く知りたいし。

まあ薄々ドラッグ王子が√選択購入制なのは気付いてたんですけど、プロローグだけでもキャラの感じ知れたらいいかと思ってインストールしてみたんですよ。

で、無料の共通プロローグ読んで。

こ、これは………面白いじゃねーの…………… 

と、なったわけです。笑

 

いつも一日5チケ制をやってるのは、べつに√選択購入制を避けてるわけじゃなくてプロローグ読んでもふーんって感じで終わって買う気にならないからなんですよね。でもドラッグ王子は買わねば感あった。

主人公は薬剤師で理系なんですけど、理系主人公ってなかなか無いしね。だいたいこういうストーリーゲームってTHE文系みたいな感情的な子が多いじゃないですか。なんつーか恋愛脳っていうか、仕事しろやテメーみたいな子。てめー大学でも遊んできたんだろアア?みたいな。文系に行った友達がみんな大学生活イージーモードそうでめっちゃ妬ましい私の恨みつらみ入ってますけど。w

昨日も言った気がするんですけど、玲ちゃんは淡々としててそこそこ冷静で、仕事に一生懸命で早く一人前になろうとしてるところがめちゃめちゃ良かったです。ほんとに。

 

三人読みましたけど、ストーリー展開もよく出来てるなと思うので、次買うキャラが良かったら全員買うと思います。

ビジュアルが好きなのは関渡部青山の三人なので、それ以外の人を買ってそれも良かったらもう全員買うしかないよね~みたいな。本編はね。

 

本編とは別に初夜編、偽装結婚編、初めての××編と、あとなんかキャラ2人で番外編みたいなのがあるんですけど……。

本編後の話になるんですかね、買ってないから知りませんけど。

まあ漫画でもアニメでもゲームでも、付き合うまでの話が好きで付き合ってからの話はわりとどうでもいいというか、ウーンってなることが多いのでそっちは現時点で買う予定無いです。

そうだな………本編全員見て、やることなくなって、それでもまだドラッグ王子やりたくて、グーグルアカウントの残高がまだ残ってたら買うかな。

 

課金は基本的に月1諭吉って決めてるので、今月は厳しそうですけどね~なんてったって課金最優先チギリバコがイベント中。

 

 

考えるとやっぱ√選択購入制って効率悪いですよね。課金の。

なんか、買ったら終わりというか。

おっしゃーーーー××くんにいっぱいお小遣いやったるわーーーーー!!!!!感が無いというか。

 

まあコンシューマーゲームと一緒で買いさえすれば一気に全部出来るからアバターとかミッションとかイベントとかあるソーシャル系よりこっちのが好かれてたりするのかな~。

会社側としても、パッケージを作らなくていい分利益は大きいんだろうか。1√の値段は安上がりでも全√やるとしたらパッケージのゲームと変わらないくらいになるしなあ。

それに、アプリだからこそ話を追加したりできるわけで。好かれ続ければ相当な金額になるよね。

絵とプロローグさえ良ければ一人目の√の金額は勝ち取れるとして、二人目をどう買わせるか………てなると一人目が良くなきゃ買わないし。

 

スマホアプリ事情はよくわからんね。

 

でも私はやっぱり推しに毎日会いに行きたい………

一気に読むとさー、テンションは上がるんだけどなかなか残らないんだよね。

すぐ次に行けるからすぐ忘れるっていうか。

一日5話ずつ一か月かけて読み切る方が達成感もあるし毎日悶々と考えられるから好き。

ま、読み切るまで飽きさせないかがまた難しいんだろうけどね……ミッション難しい!とか、ダイヤ足りねーよ!とかそこかしこでいろいろ苦情はあるだろうしw

 

どっちもどっちなのかな。

私はやっぱり推しに毎日会いたいし、気に入らなかったら切り捨てられるから5チケ制が好きです。運営からしたらその切り捨て、が嫌なんだろうけども。

しかし√選択購入制は残高が無いと何もできないからね…wあれば一気に読めるけど。

あとアバターとかイベントとかわずらわしいって人もいるだろうし。アバターは私もわずらわしいけど。

 

 

ま、√選択購入制だけど、ドラッグ王子は気になりまくりで、買っちゃって、うおおおおってなって、二人目どころか三人買って、四人目どうしよっかなってなってるので、いいと思います(笑)

 

ただ、ちょっとやってて気になるのがデザインというか。薬の話だからかもしれないですけど構造式とかATGCとか化学系のデザインがそこらじゅうにされてるんですよ。

そんで……いやめっちゃどうでもいいんですけど、構造式で、なんで炭素に水素が結合してそっから窒素繋がってるねん、ていうのがあってww

炭素から出てる結合棒がどう見ても水素の方っていうか下付きの数字についてるんですよ。それがめちゃめちゃ気になりました。

でもちゃんと窒素についてるやつもあるし、デザイン的に無理やりそうしたんかなとは思うんだけどね。

あとなんかベンゼン環の先に更に炭素が繋がってる結合のところに窒素ぶちこむのはいいけど二重結合消してくれ!窒素足四本出すな!とか思ったり(笑)

 

まあ見栄え良けりゃいいんだよ感はあるんですけど、大学では化学やってるので気になったのでした。でも基本は忠実にやるべきなんじゃないかなあ・・・美術って数学やしね。(数学得意なんでしょ?じゃあ絵うまくなるよ、ということをよく高校(美術系)の先生に言われた)

化学とかめっちゃ嫌いだし肌に合わないと心の底から思ってるけどね。有機の講義でそういう細かいこともよく注意されたなあとか思い出した。

 

なんにせよドラッグ王子自体は好きなので、引き続き誰かをプレイしていきます。

ではでは。

 

colyさん作品

どうも。

今日から7月なので新しいアプリを吸収しようと思って、昨日いろいろインストールしまして。

そのうちの一つがドラッグ王子とマトリ姫というcolyさんの作品でした。

 

いや、私数日前にスタンドマイヒーローズっていう同社さんのゲームの広告?ツイッター?なんだったか忘れたけどみかけて、ビジュアルサイコーだったので秒で事前登録したんですよ。

公式サイトのシステムページの下の方にある全員集合の画像だけ切り取って見せて、フォロワーさんとかとあいつ推せる気がする~みたいな話をしながらw

まあストーリー読んでそのキャラの話し方とか、主人公との相性とか、生き方とか、話の流れがわからないとなんとも言えないけど、とりあえずビジュアルだけで言うなら~って感じで。

 

ちなみに私は初見で、多分中央赤髪か中央銀髪か赤髪の下の黒髪好きになるって言ってました。

フォロワーさんだと中段左端眼鏡とか、中央銀髪の上の金髪とか、上段左端黒髪とか、下段のネクタイ触ってるのとか、中段右端とか、私と同じく下段中央黒髪が好きだとかなんかいろいろ好み結構別れたんで面白かったんですよねww

 

で、まあ私結構会社ごとにゲーム梯子することが多いので、社の方のページに飛んで、そっからあードラッグ王子とマトリ姫っていうゲームも出してるんだーみたいな。

 

スタマイはcolyさんの四作目になるんだろうか?ドラッグ王子は三作目?

世の中には、どことは言わないけどサービス終了とかではなくその作品が存在していたことを無かったことにしやがるところもある(そういうわけで某a社は絶対に許さないと思ってる)し、まあそこまで詳しくは見てないからようわからんけど。

 

まあ、そんときはドラッグ王子インストールする気はなかったんですけど。

なんとなくね。

なんとなく。

 

昨日、インストールしました。

 

7月でまた通信制限解除されるしなんかないかな~と思って。

そうだこのまえみかけたやつやってみっか!みたいな。

 

はい。

 

で、やってみました感想をですね。

 

この記事でね。

 

言いたいと思ってたんですけど…………

 

 

思ってたよりずっと前置きが長くなったので、取り敢えずここで区切ります。

 

 

(^_^)

 

 

スタマイでめっちゃ文字数くった……

でも第一印象の推しの話はしとかないとじゃん???

リリース後実際やってみてどう変わるか楽しみや~

 

ひとまずおわり!

 

夕飯たべよ………

 

六道恭平SRが追加されましたね

六道恭平SRめちゃくちゃ欲しい。ヤバイ

 

こんにちは。

 

LOVEスクランブル、略してラブスクとはボルテージの人気作品の人気どころを集めたオールスターパズルゲームです。

 

まあ、私がやったことがあるボルテ作品は恋乱くらいなんですけど。といっても伊達をちょーーっとやったくらい。プレイしたかしてないか言われたらしてない。インストールはしていた、くらいですね。

鏡の中のプリンセスをがちりすぎて恋乱やってる暇なかったからアンストしちゃったんですよね。でもキャラは好きでした。顔が。伊達と片倉の顔が。好きでした。

 

 

ラブスクも基本はパズルゲームだけどストーリーあるし、カードもLv.20ごとに個別ストーリーが解放されるので、伊達片倉優先で強化してるんですけど……

 

伊達可愛いなーーー!!!!!

 

って思って、ストーリー読んでます。

 

私、戦国武将系の作品の伊達ってだいたい勝ち気なイメージがあるんですけど

なんか、元気な若者?みたいな 若気の至り的な?

相槌うつにしてもそうかよ?(ニヤリ)みたいなイメージ

 

でも恋乱の伊達は違くて、寡黙で真面目で若くて………

しゅんとした顔とかサイコー可愛いです。やばい。

そうか………(しゅん)みたいな。可愛いかよ~~~~~

 

片倉はTHE美形って顔ですね。めちゃくちゃかっこいいです。

 

ラブスクに出ている他の作品はやったことないので、少しだけ知ってる恋乱の伊達片倉が一応推しです。

片倉の顔のが好きだけど伊達可愛いから伊達寄り。

 

で。

 

まだタイトルの話に入れてない。

 

りくどうきょうへい。新規SR。

が、昨日追加されましたね!!!!!

 

うお~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

なんだっけ、偽りの君とスキャンダルのキャラだっけ?

 

六道恭平は髪型めっちゃ好きだなって初見からずっと思ってたんですけど、

喋り方っつーかイントネーションが面白すぎてwww

 

お↑ーれは天↑下のり↑ーくどう恭平だー→ぜー↓

 

みたいな感じじゃない!?

 

初めて聞いたとき

こいつまじかwwwwwwwwwwww

って思った。

 

イントネーション気になりすぎて元の作品やってないし個別√が特に気に入ってるわけでもないんですけど、面白くてわりかし好きなキャラです。

 

六道恭平と一緒に追加された新規Rの他の三人、王、一柳、北王路。

一柳はさ~このまえのポイントイベントのSR一柳がめちゃくちゃ使いやすくて好きです。いや私は持ってないんですけど。フレンドさんのを使っててめっちゃええなって思った。

王はSR持ってるので親近感(?)あります。北王路はまだよく知らない……。

 

SRといえば、前前回のランキングイベントの才蔵めっちゃ強くて羨ましい。

私が持ってるSRは王とロベルトだけなんですけど、使いづらいんですよね~特にロベルトが。消去系スキルではあるんだけど、あんまり消さないし、ムービー入るから画面がみづらい。

王はまあそこまで使いづらいとは思わないけど、センター消去スキルならRの木崎使うかなって思う。

R木崎は覚醒もさせてあるのでわりと重宝してます。

覚醒させるのに必要なアイテムを集めるのがめんどくさくてSRも含めほとんど覚醒できてないんですよね~覚醒させたら使いやすくなるかな……

 

なんにせよSRほしいです。

いつも単発しかしてなくて、伊達片倉SRくるまで11連回さねーからなって思ってたんですけど六道欲しさに昨日初めて11連しました。まあ全部Rでしたわ。

 

なんつーか、私が王とロベルトのSR、二人とも二枚ずつ持ってて限界突破させてあるんですけど、二人が出たのってダイヤじゃなくてチケットでまわしたときなんですよね~

ダイヤじゃまだ一回もSR出てない……

 

誓いのキスは突然にの大和のSRも欲しいんですけど。うーん。いつか出てくれるかな………

大和って二種類?SRありますけど、どっちも使いやすいんですよね。羨ましい。

大和リーダーにしてるフレンドさんには大変お世話になってます笑

 

 

まあとりあえず、六道SR求めにしばらく単発回してるとおもいます。

あわよくば大和。

いや~~~~~早く伊達もSR出てほしいな!はっはっは

 

 

六道恭平SR出たら報告します。

 

 

終わり。ではまた。

記録

一日5チケずつ消費していくタイプのストーリーゲームが好きでよくやってるんですが

その感想とか考察をこのブログで書きためていくことにします。

 

いつもは鍵付きのツイッターで一人で騒いでるだけなんですけど、私すぐツイ消しちゃうし、でもよく考えたら全力で作品を愛してるからこそ叫んでるのに跡形もなく消すのも勿体無いかなと思って。

 

基本的に深いことは考えてないです。

一応、一作品につき一人は推しを作るようにしている(……けど、あんまり作品にのめりこめないと決まらない)のでそのキャラ贔屓になるかな。

 

ちなみに最愛は身長175cmの三人、今はもうサービス終了してしまいましたが乙女ゲーム声カレ~放課後キミに会いに行く~月城冬馬、18禁BLゲームチギリバコ都月蒼、漫画テニスの王子様仁王雅治です。

 

今までやってきたゲームのことについても思い出す機会があれば書くかも。

プレステは2までしか所持しておらず、DSやPSPもあまりやらないので、スマホアプリ中心のブログになります。

 

気が向いたときに更新していくので、よろしくお願いします。